ラウドネス(loudness)

音量の不統一を避けるために導入された新たな音量測定基準。

 

ラウドネスメーター

等ラウドネス曲線などを考慮した、人間が感じる音量感を測定するメーター。2006年にITU-Rにより測定アルゴリズム等がBS.1770、BS.1771として勧告され、放送業界の基準としてヨーロッパではEBU R128が、アメリカではATSC A/85が、日本ではARIB TR-B32が定められた。~Wikipedia~

ラウドネスメーターとは、人間が感じる音の大きさを表すために人間の感覚量に置き換えた表示機のことです。

この値を測定することを「ラウドネス(loudness)測定」といいます。