まずは、「開発」タブを開きます。

もし開発タブが表示されていない場合は「非表示」になっていると思いますので、

ファイル→オプション→リボンのユーザー設定から「開発」にチェックを入れると表示されると思います。

 

挿入→フォームコントロールから「ボタン」を選択して、適当にボタンを作ってみます。

 

 

ここは無視して「OK」を選択します。

 

ボタンが出来ました。

 

これを押しても何も動作しません。

 

 

ユーザーフォームを作ってみます。

「Alt」+「F11」キーを押すとVBAの画面が表示されます。

 

フォームを作ってみます。

右クリック→「挿入」→「ユーザーフォーム」を選択します。

 

 

空のフォームが出来ました。

 

次に、右クリック→「挿入」→「標準モジュール」を選択します。

 

Module1が出来ますので、標準モジュール→Module1を選択します。

 

このコード内に下記のように記載してみます。

Sub UserForm_Open()
UserForm1.Show
End Sub

 

EXCELのシートに戻り、ボタン上で右クリック→マクロの登録

すると、UserForm_Openというマクロが追加されていますので、こちらを選択します。

 

ボタンを押すと、先ほどのユーザーフォームが表示されるかと思います。

 

まとめ

【Excel VBA 開く】「Alt」+「F11」キー

【ユーザーフォームを開く】「ユーザーフォーム名」.Show で開く。

今回のフォームはUserForm1という名前だったので、

ボタンを押した時に「UserForm1」のユーザーフォームが開いたということです。