代襲相続・・・相続人となるべき子が早く死亡して父母の相続開始時にいない場合、孫が子の相続権を引き継いで相続人となること。この相続人を代襲相続人(だいしゅうそうぞくにん)といいます。


 被相続人

相続発生

 (子)相続人される人が死亡

 代襲相続

 (孫)代襲相続人となり、相続権が引き継がれる



ちなみに、代襲相続の範囲は、

  • 子・孫・養子・特別養子は、ずっと下まで
  • 両親・祖父母は、限界あり
  • 兄弟姉妹は、子(甥姪)まで

となっている