転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。>>>>

 【普通預金(ふつうよきん)】資産の勘定科目について|簿記3級

white printer paper簿記

資産の勘定科目「普通預金(ふつうよきん)」について。

勘定科目 【普通預金(ふつうよきん)】とは?

「普通預金(ふつうよきん)」とは「一般的に使われる預金」です。私たちが一般的にお金を預ける預金方法です。普通預金は、自由に預金を預けたり引き出したりできます。普通預金は資産の科目となります。

「普通預金」が増加したときは「借方」に記載します。

「普通預金」が減少したときは「貸方」に記載します。

普通預金(ふつうよきん)の詳細

普通預金は下記のようなものの支払いに使うことができます。支払いが必要なものを普通預金から振り込んだり引き出して現金で支払いできます。

  • 仕入
  • 水道光熱費
  • 従業員給与
  • 買掛金

など。

普通預金(ふつうよきん)の仕訳例

商品の売上金100万円が普通預金に振り込まれた。

借方科目金額貸方科目金額
普通預金1,000,000 売上高1,000,000 

普通預金に現金100万円を入金した。

借方科目金額貸方科目金額
普通預金1,000,000現金1,000,000

商品仕入代金50万円を普通預金から振り込んだ

借方科目金額貸方科目金額
仕入500,000普通預金500,000

タイトルとURLをコピーしました