転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。>>>>

 【商品 (しょうひん)】資産の勘定科目について|簿記3級

簿記

資産の勘定科目「商品 (しょうひん)」について。

勘定科目 【商品 (しょうひん)】とは?

「商品 (しょうひん)」とは「企業や個人事業主が、サービスや財として販売することを目的として、取引先から仕入れて所有している物品」を処理するための資産勘定です。

商品は資産の科目となります。

「商品」が増加したときは「借方」に記載します。

「商品」が減少したときは「貸方」に記載します。

商品 (しょうひん)の詳細

企業や個人事業主が、サービスや財として販売することを目的として、取引先から仕入れて所有している物品は「商品」という勘定科目になります。

商品 (しょうひん)の仕訳例

決算時、期末在庫商品を1,000,000円とした。

借方科目金額貸方科目金額
商品1,000,000 期末商品棚卸高1,000,000 

決算時、期首の繰越商品の前期末評価額は500,000円であった。

借方科目金額貸方科目金額
期首商品棚卸高500,000 商品500,000 

棚卸(たなおろし)処理を行ったところ、期首時点の在庫は1,000,000円、期末在庫は500,000円であった。

借方科目金額貸方科目金額
仕入1,000,000繰越商品500,000
繰越商品500,000仕入1,000,000
タイトルとURLをコピーしました