ドメイン

ネットワークに接続しているコンピュータの場所を示します。ホームページアドレスのことです。

インターネットに接続されているコンピュータは、IPアドレス(184.111.243.10といったような番号)で識別されています。本来WEBサイトへはIPアドレスでアクセスするのですが、これではとても分かりにくいので、DNSという仕組みによってドメインでアクセスすることができるようになります。人間にとって扱いやすいドメイン名という別名を付けることで、WEBサイトへアクセスする利便性を向上させています。

例えば、今、見ていただいているこちらのサイト

http://lifeworker.jp/

こちらのドメインは

lifeworker.jp

ということになります。

このドメインは世界にひとつしかない独自のもので取得も早い者勝ち

もし自分が使いたいドメインがあったとしても、他の人が使っていたら自分は使うことが出来ません。

yahoo.co.jp

google.com

このようなドメインをご自身で使うことは、当然出来ません。

例えば、yahoo!のトップページを表示されているときに、yahoo.co.jpと入力されているURLを「126.25.211.178」に置き換えても、yahooのトップ画面が表示されると思います。

これは、本来「126.25.211.178」のIPアドレスにあるyahoo!のWEBサイトがDNSの仕組みによって、yahoo.co.jpでも表示させてくれている、ということですね。

例えるなら下記のような感じでしょうか?(^ ^;

・サーバーは「土地」
yahoo!WEBサーバ → 東京都千代田区紀尾井町X-XXXX(地番)

・IPアドレスは「住所(マンション)」
126.25.211.178 → 東京都千代田区紀尾井町X-X

・ドメインは「マンション名」
yahoo.co.jp → 紀尾井タワー

例えば、自分が所有しているドメイン(マンション名)をDNSで別のWEBサーバ(住所)に変えたとします。すると、ドメイン(マンション名)は一緒なのに、表示されているWEBサイト(住所)は全く別のものになります。

この説明でピンと来て頂ければ嬉しいのですが、なぜ独自ドメインを取得したほうがいいのか?というのは、つまりこういうメリットが大きいからだと思います。

例えば、ブログやWEBサイトを運営している会社が、突然サービスを終了(倒産)したとします。

そのとき、例えばご自身で使われているブログ・サービスのアカウントに下記のようなURLが割り振られていたとします。

http://XXXblo.jp/XXXXXX/

http://XXXbook.com/XXXXXX/

このURLは、ブログ・サービスの終了と共に消滅することになります。

 

さて、この後、…一体どうなるのでしょうか?

 

みなさんが各チラシやWEBサイトに貼ったリンク先(住所)も全て消滅することになります。これが、別に消えても問題ないサイト(内容)であれば構わないのかもしれませんが、ご自身の仕事などで使っている内容であれば大きな問題に発展する可能性があります。

ご自身の独自ドメインを持っておくことで、もしもブログなどのサービス(住所)が消失したとしても、ドメイン名(マンション名)は持っておくことが出来ますので、すぐに他の場所を探して、同じドメイン名でサービスを再開することが出来ます。

一度独自ドメインを取得してしまえば、なにかのトラブル・原因でブログサイトやレンタルサーバーを変えたとしても、同じドメイン(URL)でサイト運営を続けることができます。

 

独自ドメインは(変にペナルティを受けない限りは)作ってから1年のドメインよりも作ってから10年のドメインの方が信頼性が高まると言われています。

 

つまり、独自ドメインあなたの資産になります

 

一度取得すればずっと使えますし、早ければ早いほうがその信頼性も高まっていくということになります。

ドメイン取得のデメリットはお金が掛かることですが、年間で約1000円~3000円程度です。

これで一生モノの価値を持てると考えれば安い方ではないかと思います。すでにブログを持たれている方、これからWEBサイトの制作やブログを検討されている方、ぜひ独自ドメインを取得されてみてはいかがでしょうか。