いまだに自分でもよくわからなくなるのでメモ。

※正確な情報については各事業者にお尋ね下さいませ。

CSデジタル放送

通信衛星(つうしんえいせい、英語: communications satellite)。通信衛星(CS)から映像やデータがデジタル化されて放送されるもの。 映画やスポーツ専門チャンネルが多いことが特徴。視聴するためには専用のアンテナとチューナーに加えてスカパーやCATV(J-COM等)との契約が必要です。

BSデジタル放送

放送衛星(ほうそうえいせい、Broadcasting Satellite、BS)。放送衛星(BS)から放送されるもの。高精細度テレビジョン放送を中心に、データ放送やBSラジオ放送も放送されます。 BSの民放各社の放送は基本的に無料です。アンテナさえあれば見ることができます。NHKやWOWOW・スターチャンネル等は有料のようです。

出典:衛星放送協会

「BS放送」「CS放送」は、どちらも人工衛星を利用した「衛星放送」です。BSもCSも人工衛星を利用していますが、BSは「放送」を目的とし、CSは「通信」を目的としています。

アンテナ

BS・CSデジタル放送

東経110度にある衛星で、BS日テレ、BSフジ、e2 by スカパーと言った番組を視聴可能。

BSアナログ放送

東経110度にある衛星で、BS1、BS2、WOWOWを視聴可能。

CSデジタル放送

東経124度、128度にある衛星で、一般的にスカパーと呼ばれる番組を視聴可能。

CSアナログ放送

東経154度にある衛星で、ミュージックバードという音楽放送を聴取可能。

テレビやレコーダーなど受信機器には、BS/110度CSチューナーが内蔵されているものも増えており、この場合はBS/110度CSアンテナを設置するだけで受信できます

 

スカパー!について

スカパー!

BSデジタル放送に用いる放送衛星群と同じ110度に位置しています。

スカパー!プレミアムサービス!

スカパー!プレミアムサービス用のアンテナとチューナーを使って受信します。124/128度に位置しています。

 

※受信方法や受信料・契約料、放送内容については、各事業者のオフィシャルサイトを参考にされて下さい。

 

参考リンク