毎回設定の度に忘れてしまうのでメモ。

まずは共通設定のおさらい

共通設定

基本

http://YOURDOMAIN/?p=123

日付と投稿名

http://YOURDOMAIN/2017/07/11/sample-post/

月と投稿名

http://YOURDOMAIN/2017/07/sample-post/

数字ベース

http://YOURDOMAIN/archives/123

投稿名

http://YOURDOMAIN/sample-post/

 

そして、カスタム構造

http://YOURDOMAIN/カスタムパーマリンク設定

構造タグ

 %year%
投稿された年を4桁で取得します。例えば、2004です。
 %monthnum%
投稿された月を取得します。例えば、05です。
 %day%
投稿された日を取得します。例えば、28です。
 %hour%
投稿された時(時間)を取得します。例えば、15です。
 %minute%
投稿された分を取得します。例えば、43です。
 %second%
投稿された秒を取得します。例えば、33です。
 %post_id%
投稿の固有IDを取得します。例えば、423です。
 %postname%
投稿の投稿名を取得します。
 %category%
投稿のカテゴリーを取得します。サブカテゴリーは入れ子にされたディレクトリとして取得されます。
 %author%
投稿の作成者を取得します。

カテゴリーベースとタグベース

カテゴリーベースとカテゴリーベースは、カテゴリー/タグアーカイブのパーマリンクの前に置かれます。
 example.net/wp/category_base/category_name
example.net/wp/tag_base/tag_name

 

例えば、カスタムパーマリンクを

/%year%%monthnum%%hour%/%minute%%second%.html

このようにすると、

http://YOURDOMAIN/20170701/5024.html

投稿のURLがこのような感じになります。

 

/%postname%

このようにすると、

http://YOURDOMAIN/投稿したページタイトル(URL)

投稿のURLがこのような感じになります。

 

この %postname%を使用する際に注意しなければいけないのは、サイトのパーマリンクが日本語になっていると、URLが変な表示になる可能性があること。投稿名を使用すると、多くの場合日本語を含むURLになります。

このような感じ↓

一見日本語で表示されていて良さそうに思いますが、例えばTwitterなどで投稿しようとすると、下記のような感じになってしまいます。

長い上に見辛くなってしまいますので、%postname%を使う場合は、投稿のパーマリンクは必ず修正して、分かりやすいURLに置き換えてあげたほうが良さそうです。

 

とりあえず気づいた点とメモとしてはこんな感じですが、また気付きがあれば追記していきたいと思います。

ご参考にして頂ければと思います★

\(^o^)/