転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。>>>>

決算(けっさん)とは?決算までに日々行う事と決算の流れについて【簿記3級】

white book on brown wooden table簿記

決算までに日々行うこと、決算の流れは以下のようになっています。

決算までに日々行うこと

日々のやることは下記のような流れです。

期中取引(きちゅうとりひき)
日常の売上や仕入れ、その他経費など記録する「取引」を仕訳して勘定記入を行います。
仕訳帳(しわけちょう)
日付順に全ての取引を記述した帳簿を「仕訳帳」といいます。こちらで「転記」をします。
総勘定元帳(そうかんじょうもとちょう)
勘定科目ごとに全ての取引を記載する勘定口座を集めた会計帳簿を「総勘定元帳」と言います。こちらで集計をします。

こちらを、日々繰り返します。

決算時に行うこと

決算でやることは以下の流れのようになっています。まずは「精算表」を作成から始まります。

試算表(しさんひょう)
仕訳帳から総勘定元帳への転記が正しく行われたかを確認する表です。
決算整理仕訳(けっさんせいりしわけ)
経営成績や財政状態を正しく表すために、決算で行う修正手続きが「決算整理仕訳」です。
決算振替仕訳(けっさんふりかえしわけ)
決算本手続きで帳簿決算をするために、収益・費用の諸勘定から資本金に振り替えるための仕訳が「決算振替仕訳」です。
財務諸表(ざいむしょひょう)
一定期間の経営成績や財務状態等を明らかにするために複式簿記に基づき作成される書類が「財務諸表」です。決算で財務諸表を作り上げます。

決算のときの流れです。

ご参考ください😃

タイトルとURLをコピーしました